ウォーターサーバーとペットボトル、どっちがお得?

水の単価はそれほど変わらないウォーターサーバーとペットボトル

天然水やミネラルウォーターを日常的な飲用水とすることが一般的になってきました。欧米では以前からそういった習慣が進んでいたものの、日本では水道水の品質が高いことから天然水やミネラルウォーターへ関心が移るのが遅く、ようやく近年になって大勢の人が利用するようになりました。 天然水やミネラルウォーターを手に入れる方法として一般的であったのがペットボトル入りのものを購入するという方法でしたが、最近では家庭用ウォーターサーバーも普及してきており、それ専用の水を購入するという方法も生まれてきています。毎日飲むものなので少しでも安い方法を選んで購入することで家計に響かないようにしたいというのが世の常でしょう。ウォーターサーバーとペットボトルとでどちらが安いかと言えば、水の種類も多く、価格もそれに応じて大きく幅があるので一概には言えません。しかし、概して水の単価についてはほとんど違わないというのが実情となっています。

使い勝手の観点からお得さを比較

ウォーターサーバーを選ぶかペットボトルを選ぶかは水そのものの単価ではなく、実際に使用した際の使い勝手を考えてどちらがお得かを考えるのがよいでしょう。調達について考えると、ウォーターサーバーは指定した数量の水を定期的に宅配してきてもらうことができるため、購入する手間がありません。一方で、ペットボトルの場合にはその都度買わなければならないものの、毎回違うものを購入することができます。 水を実際に飲む際の温度を考えると、ウォーターサーバーを用いると電気代がかかりますが、温かい水や冷たい水をいつでも手に入れることができます。ミネラルウォーターの場合には常温が基本であり、温かいものが欲しいときには温め、冷たいものが欲しいときには冷蔵庫で冷やす必要があります。 こういった形で両者には使い勝手の面で大きな違いがあります。それを比較してどちらが自分の家庭で利用するのにお得かと考えるのが最もよい選び方になるでしょう。